Page-59-

アジア人とヨーロッパ人の英語の差

こんにちわ!
今日は東アジア人(主に韓国人、中国人、日本人)
とヨーロッパ人や、その他ラテンベースの言語を使う人達の英語についての差について説明したいと思います。

まず初めに言うと、この差はかなり おおきいいい!です。
クラスの同じレベル帯にいても、この差は絶対に生まれます。

例えば何でこの差が付くかというと、色んな所で当然つくんですが
イディオムを予想する力。
単語から意味を連想する力。
が思いっきり違います(笑)
アイルランドではヨーロッパ人やその他ラテン言語がベースの人達を対象にした授業  が展開されています。

つまりどういう事かと言うと

は??どーゆーこと??って 自分だけなっている可能性がかなり高い。(クラスにアジア人が少なければ少ない程)

例えばこの間のクラスで valueがメインで使われているカードがありました。
social value とか そういった感じだったのですが
確か今の社会はvalueを失っている みたいな質問だったのですが
これが よくわからない・・  一体全体 なんの価値だ??状態になるわけです。

ぼくの頭の中では value= 価値  でした。
で、価値 と言えば、 値する値段って事ですよね。
ぼくが価値 で連想するのは
(価値がある とか 物に対して どれくらい失えるか とか捧げれるかって事)

けどラテンベース(ヨーロッパ人達と先生)の人達は全然違います
value=道徳的価値観  と理解します。

こういった事が大量に起きてきます(笑)
辞書で調べると確かに 2~3番目の意味として載っている・・・
一番ではないんですよね

イディオムだと この意味を予想しなさいって授業が出てくると
日本人はチンプンカンプンです。
なぜなら日本語と英語のイディオムって 似てる物は少しはありますが
ほとんど全然違う。 連想する物が全然違う。

だから 何も知らない状態で その意味を当てる事は限りなく0に近いですね。

でもヨーロッパその他の人達は よくこう言います。
これの意味はこういう事じゃないかな??
ぼくの国にも似た様な言葉があって。。

ヨーロッパの人達とペアになった時のお荷物感(笑)

一方!! 日本人以外のアジア人達は かなり日本人にちかああいい!!

まず喋り方

すんごいゆっくりしゃべる(笑) わからない事は ほぼ0

ヨーロッパベースの人達は 止まる事は ほぼないです。
テンポよく喋り続けます。
こっちの理解とかそういうのは考えません。

なので安心感とかで言うとクラスのアジア人達は ほっとするわけです。
だって絶対怒らない!ですし、ニコニコしてくれる! 共通点が多い!日本好きな人が多い!(旅行した事あるよ!みたいな)

なので アジア人と ヨーロッパ人は英語の差が結構すごいんですね。
それはもう国民性とかそういうのは抜きにして
ラテン語がベースになっているから 違くて当然。

英語もラテン語からできています。

言語の類似性とか 習得難易度などを検索してもらえるとわかると思うのですけど

英語はドイツ語 フランス語 イタリア語などなど とはかなり近いです。
で中間にポルトガル語
いちばん遠くに中国語 日本語 韓国語があります。

なので英語のスピーカーが勉強すると 全く反対で アジア系の言語は習得に時間がかかるようになります。

なので大事なのはヨーロッパ人よりは遅れて成長するのは当然
っていう概念と
マイペースでいくって事だと思います。

落ちこぼれのような目線で見られますが(笑)それになれる事もある程度は大事だと思います

あとは当然 発音もかなり違いますね
ヨーロッパその他の人達はできない発音っていうのはないんじゃないでしょうか?
なので、英語の音さえ知ればすぐに話せるようになる
アジア人はできない音がたまにあるので、通じないって事が起きてくる
あとはやっぱり文法問題もしゃべる速度の違いの根底にあると思います(笑)

でもヨーロッパ人も英語の発音自体を間違えている事はよくあるので気をつけて下さいね(彼らも学習者なので)


Kindle Paperwhite  留学のお供にKindle Paperwhite

Amazonで詳しく見る
  

Next-page-作成中(NONE)-
Previous-アジアンマーケットで日本食材を-


                                
SPEAK YOUR MIND
Widget is loading comments...